Quilting Bee
 1st Quilt-Part 1 

 ’01年11月30日(金) 

『the Laurel Leaf』の‘Beginning Quilting’クラスにsign up。
6日間コース$60。
いきなりrulerやcutterなどの道具を揃えてしまった。
やる気満々!

 ’01年12月13日(木) 

課題のベッドカバー(Queen Size)に必要な布を買う。
*1+1/2 yards of 5 fabrics(dark to light)
*2+1/4 yards for background fabric(usually a light fabric)

大好きな紫にアクセントでグリーンを入れみました。

最初のクラスまでに、色移りを防ぐため素洗いして
アイロンがけをしておかなくてはなりません。
steamは縮みの原因になるため、dryでアイロンをかけること。

 ’02年1月10日(木) 

いよいよ始まったビギナークラス。
先生のレクチャーをしっかりメモし、次回までにその課題を仕上げてきます。

最初の課題は FENCE RAIL

棒状にカットした6枚のfabricを薄い色→濃い色へ縫い合わせます。
4枚作りそれをルールに沿って1枚につなぎ合わせて1パターンの出来上がり。

 ’02年1月17日(木) 



前回の反省

端にextraが出来てしまいました。多少、端の柄の幅が狭くなってしまうけど先生にOKをもらいextraをカット。原因は柄1本の幅が少し広かったこと。1ミリの狂いがのちに大きなズレとなることを知りました。次は丁寧に、1寸たりとも狂わぬよう縫わなくちゃ。

      

今回の課題は2つ。

NINE−PATCH (上)

何年か前までは、
Traditionalなpatchとして使われていました。
9つの小さな正方形を交互に並べ、2色使いのblockに仕上げます。
4枚のblocksを1枚に繋ぎ合わせて
1パターンの出来上がり。



LOG CABIN (下)

とてもTraditionalなpatch。
以前は‘中央の正方形は赤’という決まりのあるデザインだったようですが、今はこだわらないそうです。
正方形の一辺ごとに回転させながら
次の布を繋ぎ合わせてゆきます。

 ’02年1月24日(木) 

前回の反省

NINE‐PATCH の繋ぎにズレが生じてしまいました。でも「気にならないわ。」と先生にOKを頂き完了。

LOG CABIN も同じ。
4枚のブロックをどう組み合わせていいのか迷いましたが、パターンの基本を学ぶビギナーの私たちは4ブロックしか作らないのでLight colorを中央に集めるのがbestとのアドヴァイス。一面が全てこの『LOG CABIN』の場合は全体で見るデザインがあり、並べ方もまた違ってくるのです。

      

今回の課題は4つ。(上から・・・)

SAWTOOTH STAR

『ギザギザした星』。
ギザギザ部分と中央の正方形は色を変えても良いとのこと。私は同色で2枚ずつ作り、交互に繋ぎ合わせてみました。

ATTIC WINDOWS

『屋根裏部屋の窓』?無理矢理見ようと思えば
見えなくもないよね。ちょっと調べてみます…(^_^;)
SideにDark colorを置き、BottomをLight colorにすることにより繋ぎ合わせていくと立体的に見えてきます。

WILD GOOSE CHASE VARIATION
(FLYING GOOSE CHASE)


『訳、不可能』。三角の部分が、群れをなして飛ぶグースのイメージなのだと私なりに解釈しています。
末広がりに飛んでいるグースたちを見て、このデザインが思い浮かんだのかしら?ロマンティックよねぇ。

PINWHEEL

『(おもちゃの)風車』。2色使いのデザインです。
難しそうに見えたけどやってみると比較的簡単でした。

 ’02年1月31日(木) 

← もう1種類、fabricを付けたしました。
紫系を買い足すつもりでしたが、
先生に相談したところ‘グリーン系’がよいと。
プロの目を信じて。



      

今回の課題は4つ。(上から・・・)

BEAR'S PAW

『クマのあし』。
まさにクマの足跡みたいでしょ?これが意外と難しく、‘深爪’になったり。初めからやり直しました。2度目でなんとか見られるものに。


SPOOL

『糸巻き』。
ストライプやチェック柄を使うとかわいいとのことでしたが、私の選んだ布にはありません。


MADISON HOUSE

『マディソン建築の家』。
キルトがさかんだったアメリカ東部に見られる建築様式を言うそうです。これまたmatchingが難しく、最初は煙突が屋根から飛び出してしまった…(^_^;)


TREE

『木』。
教科書ではマディソンハウスの両端にpatchされていたのですが私たちの作品では違うデザインになるようです。














 ’02年2月7日(木) 

今回の課題は5つ。(上から・・・)

BLOSSOMING TREE

『花咲く木』。
fabric選びがすごく楽しかった♪parts数は多かったけど、繋ぎ合わせ方は単純で出来上がってゆくのが楽しかった作品。


POSTAGE STAMP BASKETS

『郵便切手のバスケット』。
切手を入れるバスケット?それともバスケット柄の郵便切手?調べてみます。
ハンドル部分は中敷を入れて強化し、アップリケしました。


HEART

『ハート』。
ハート型に切ったものを中敷を入れて強化し、手縫いでアップリケしたものです。
最初の作品、FENCE RAIL NINE-PATCH の余り布を使ってみました。 


KALEIDOSCOPE

『万華鏡』。
このデザインで大きな1枚の作品にする場合、1ブロックごとに色を変えるとほんとうにキレイ。
私たちの作品は4ブロックだけなので2色で統一しました。


DRUNKARD'S PATH

『飲んだくれの小道』???
意味不明…(-。-;
カーブの縫い合わせがとても難しい作品でした。



















 ’02年2月21日(木) 

6回のビギニングコースも今日が最終回。
でも作品完成までにはまだまだかかりそう…。何かあれば相談にのってくださるとのこと。度々足を運ばなくちゃ。新学期は4月から。次回はどのクラスを取ろうかな?

今回の課題は‘STAR’デザインばかりの4つ。

54-40 or FIGHT

SWAMP ANGEL

VARIABLE STAR

MEMORY




























これでクィーンサイズに必要な20パターンが揃いました。
あとは繋げる作業です。